日本ITストラテジスト協会全国大会・ワークショップで田中陽一郎教授が招待講演「IoTによる地域企業の経営課題の解決」(6月23日、東北大学)

震災からの復興、地方創生のカギとなるIoT活用課題について田中陽一郎教授が講演

2018年6月23日(土)午後に東北大学片平キャンパスさくらホールにて、日本ITストラテジスト協会(JISTA)全国大会 in 仙台と、ITCみやぎ・SAAJ東北・JISTA東北 ワークショップ2018が開催されました。

このワークショップには全国のITストラテジストやITアーキテクトのリーダー約80名が参加しました。東日本大震災からの復興と、地方創成や地域企業の課題を解決するカギとなるIoTの活用について講演が企画され、MOT田中陽一郎教授が「IoTによる地域企業の経営課題の解決」と題する招待講演を実施しました。

講演1「復興の先にある現実」〜これからの地方都市のあり方 宮城大学事業構想学群 教授 船引敏明 氏

講演2「IoTによる地域企業の経営課題の解決」 山形大学大学院理工学研究科 教授 田中陽一郎

講演3「アートとデザインとICT」 秋田公立美術大学 副学長・教授 藤浩志 氏

講演4「クールジャパンとものづくりIoT」〜Kawaii人形とデジタルエンジニアリング 株式会社デザインココ 代表取締役社長 千賀淳哉 氏

 

開催案内とプログラムの詳細はこちら

 

山形大学大学院MOT(ものづくり技術経営学専攻)で学びませんか?

入学案内を見る