学術研究院 教授 田中 陽一郎

役職

学術研究院 教授 大学院理工学研究科担当

地域価値創成学研究所 ICT産業連携部門長

経歴

2016年11月に、山形大学大学院理工学研究科ものづくり経営学(MOT)専攻に教授として着任。2017年4月より、地域価値創成学研究所ICT産業連携部門長を務める。

専門分野は、ストレージ技術、電子デバイス・電子機器、計算機システム、電子・電気材料工学、通信・ネットワーク工学、医用システム

出身大学院は、東北大学大学院工学研究科 電気及び通信工学専攻(博士前期課程)、電子工学専攻(博士後期課程)。博士後期課程を2006年09月に修了。

取得学位は、2006年東北大学 博士(工学)。

研究論文リスト

総説・解説記事

学外の略歴

1983年04月 ~ 1988年09月/東京芝浦電気株式会社 総合研究所
1988年09月 ~ 1990年03月/米国ミネソタ大学 客員研究員

1990年03月 ~ 2009年06月/株式会社東芝 研究開発センター、光・磁気ストレージ開発センター、コアテクノロジーセンター、ストレージデバイス事業部にて、大容量ストレージ技術の研究開発、及び商品企画を担当。2005年に垂直磁気記録HDDの世界初実用化に成功。

2009年07月 〜 2011年07月/東芝アメリカ情報システム社 バイス・プレジデント(研究開発担当)

2011年08月 〜 2016年10月/株式会社東芝 セミコンダクター&ストレージ社 2014年04月より技監

革新的研究開発推進プロジェクト(ImPACT)プログラム・アドバイザー(2015年02月〜現在)、国立研究開発法人 物質・材料研究機構 研究プロジェクト事後評価委員(2016年度)、山形県IoT推進ラボ プロジェクトディレクター(2017年08月〜現在)

大河内記念技術賞(2007年)、日本応用磁気学会業績賞(2006年)、日経BP技術賞大賞(1997年)、日経BP技術賞(2006年)を受賞

研究開発に関する記事

「垂直磁気記録、30年の苦闘」日経エレクトロニクス

「東芝、メディカルへの再挑戦」日経デジタルヘルス

「次世代「垂直」の完璧なコンセプト」産学官連携ジャーナル

「科学技術イノベーションへの道(3) 物理に反した困難さか、工学上の困難さか」産学官連携ジャーナル

インタビュー

「Oral History of Yoichiro Tanaka」Computer History Museum, USA(英語)


米国西海岸シリコンバレーでは、数十人規模のグローバル・チームを率いて、次世代ストレージ技術の研究開発を推進しました。写真は2010年の冬、手前右端が私です。

所属学会

IEEE Magnetic Society、IEEE Computer Society、米国機械学会(ASME)、電子情報通信学会、日本磁気学会、日本データベース学会

コメント

ビッグデータ時代のデータサイエンスを担うコンピューティング及びストレージシステム技術の研究を推進しています。特に、ゲノム解析や脳神経科学などの最先端医科学向けのデータ解析等に活用できることを目標としています。また、これら多様な技術統合のアプローチを、ものづくり技術経営(MOT)の観点から研究しています。

山形大学大学院MOT(ものづくり技術経営学専攻)で学びませんか?

入学案内を見る