山形大学・福島市産学官連携「技術交流会」でMOT田中陽一郎教授がIoT・ICT活用について講演(7月19日、福島市)

IoT・ICTのものづくり技術交流会を福島市で開催

山形大学工学部、公益財団法人山形大学産業研究所、福島市、ふくしま新産業創造推進協議会が主催して、平成30年度第2回産学交流セミナー「技術交流会」が7月19日に開催されました。

セミナーには福島県内の産業界や地方行政から募集人員の2倍近い50数名が参加しました。本学MOT田中陽一郎教授が『経営課題を解決するためのIoT・ICTの活用』と題して招待講演を行いました。また、ICT、IoT技術を駆使したものづくり実践について、株式会社北日本金型工業 代表取締役会長 小椋庄二 氏が事例紹介講演を行いました。共催する本学国際事業化研究センターからは、EDGE-NEXT事業化人材育成事業について紹介しました。

 

プログラム

開催日時: 2018年7月19日(木)14:00〜16:30 (開場・受付:13:45〜)

会場:   コラッセふくしま 3階 企画展示室

講演内容:

(1)講演『経営課題を解決するためのIoT・ICTの活用』 山形大学国際事業化研究センター 副センター長、山形大学大学院理工学研究科 教授 田中陽一郎

(2)事例紹介『ICT、IoT技術を駆使したものづくりの実践』 株式会社北日本金型工業 代表取締役会長 小椋庄二 氏

(3)事業紹介『EDGE-NEXT事業化人材育成事業』 山形大学国際事業化研究センター  コーディネーター 佐藤英路

開催案内(PFDファイル)

 

 

山形大学大学院MOT(ものづくり技術経営学専攻)で学びませんか?

入学案内を見る